人見知りタイプの女の子がパパ活をするには

こんにちは、りなPです。

実はこの前こんなメールいただきました。

私は今大学一年生です。

パパ活に興味があるんですが、すごく人見知りで仲良くない人と1対1になるのがとても苦手です。

あまり親しくない人と食事をするのがすごく苦手で、レストランデートとかカフェでお茶とかが苦手です。

こんな私でもパパ活できますか?

パパ活やってる女の子って、アグレッシブで大人の男性相手にもグイグイ積極的に行く女の子ばかりなイメージがあるけど、こういう人見知りだけどパパ活してみたい!って子も意外といます。

りなPもこう見えて結構人見知りタイプで、なかなか人に心を許しません(笑)

こういう人見知り系の女の子が、どうやってパパ活していくのかを、今日のブログのテーマにしてみました。

パパ活女子、受け身はNGだけど人見知りはOK

前にブログで、受け身ばかりの女の子はパパ活では成功しないっていうようなことを書いたけど、基本的に人見知りの子は受け身ばかりの子が多いんです。

人見知りだからパパ活ができないんじゃなくて、そもそも受け身すぎるとパパ活ができないので、人見知りだって自覚があるなら、まずはパパ活する上ではちょっと受け身な体質を改善していく必要があります。

パパ活中心世代40代〜50代の年上男性は、若い女の子に甘い

40代や50代なんかの年上の男性は、基本的に若い女の子には甘いです。

自分よりうんと年下の女性に対して、逆に甘くない男性は少ない。

こういう年上の男性とパパ活をする上で、人見知りな女の子も上手に甘える事ができればパパ活はできます。

人見知りをする子が一番恐れているのが、こういう事じゃないかな?

  • 1対1で会話を続けられるか不安
  • 上手く会話できるか怖い
  • 年上の人と何をすればいいのか不安

とにかく人見知りの子は圧倒的に、相手との会話に対して不安を抱いているんだと思う。

だけどこういう不安を抱く子は、すごく真面目でいい子だとりなPは思います(‘ω’)ノ

だって相手に自分といてつまらないと思ってほしくないからこそ、会話が続くかどうか不安なんですよね?

それだけ相手に対して誠実に考えているってことなので、まずは肩の力を抜いてみましょう。

会話は一人でできるものじゃありません。

必ず相手が居ます。

つまり自分が人見知りで話ができなくても、相手から話を振ってくれるので、最初はそこに甘えてもいいと思う。

相手から振ってもらった話題を膨らませたり、相手のことを聞いてみたり、そういう風にしてコミュニケーションを繋げていきましょう。

自分ばかりが頑張らなきゃ!と思わなくてもいいんだよ(‘ω’)ノ

人見知りパパ活女子は、対面ではなく並び席でのデートを

人見知りタイプの子で、

「パパとの食事で緊張する!相手のどこを見ればいいのか分からない!とにかく緊張しすぎて食事が楽しくない!」

なんて子がいますが、こういう子はどういうシチュエーションでデートしているかというと、対面テーブルでパパと向かい合って食事をしている場合が多いです。

実は、対面で向かい合っての食事って一番緊張するんです。

りなPも初対面の人とレストランで、対面に座って食事するのは苦手です。

相手の目を見るのも大変だし、どこを見て話せばいいのか分からないし。。。

口に物を運ぶとき、食べ方とか、口の動きとかをまじまじと見られると緊張したりしちゃいますよね。

人見知り女子にとって、実は対面でのお食事ほどハードルが高いものはないと思う(;´・ω・)

「でもそれじゃぁいつまでたってもパパとレストランデートできないじゃん!」

ってなると思います。

そういう時にお勧めなのが、カウンターなどの横並び席でのデート。

対面で座って向かい合って食事するよりも、断然緊張しません!

実はこれには理由があるのです。

プロクセミックスを知って、対人距離を知ろう

プロクセミックスって知ってますか?

またはパーソナルスペースともよばれています。

人間を取り巻く「なわばり」に関する4つの距離について、文化人類学者のエドワード・T・ホールが提唱した言葉です。

1.密接距離  45cm 以内 親密・接触・恋人ゾーン
心身ともに触れ合える距離

2.個人距離 45~120cm 対人・プライベート・友人ゾーン
手を伸ばせば触れることも可能な距離

3.社会距離 120~360cm 社会的・フォーマル・知人ゾーン
人間関係は成立するが、細かい表情は見えない距離

4.公共距離 360cm 以上  公的・大衆ゾーン
相手と個人的関係は成立しない距離

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9

私たちは、無意識のうちに動物みたいに縄張りを張ってるんですね。

男性も女性も、この縄張りは正面に対して張っています。

なので対面で座るとお互いの縄張りに入ってしまい、余計に緊張してしまうそうです(;´・ω・)

逆に、隣に座ったり斜めに座ったりすると、この縄張りによる緊張から外れるので、リラックスして会話を楽しむことができるようです。

そうなんだ!って感じですよね。

ということで人見知りが激しい子は、デートや食事ではカウンターでの並び席やL字席に座ってデートすると、リラックスして楽しめると思います。

参考にしてみてね(*’ω’*)