すぐに終わってしまうパパとのお付き合い、よくある共通点

パパ活で、パパとの関係を長く続けられない女性がいます。

基本的にパパ活は、単発デートばかりを繰り返すだけではなく、長期的なお付き合いができるパパをゲットしたほうが楽です。

なので「この人とフィーリングが合うな」というパパとは、どんどん長期的なお付き合いを視野に入れて活動していくのがベスト。

だけど、普段からあまり恋愛が長続きしないタイプの女の子には、この長期的なお付き合いが苦手だったりします(;’∀’)

せっかく定期的に会う約束になって、長期でお付き合いできそうな雰囲気のパパを見つけたというのに、いつの間にか疎遠になってしまうパターンは結構多いです。

「せっかくここまで繋げたのに」ってがっくりしちゃいますよね。

良く聞くのが、こちらは長く続ける気満々なのに、いつの間にかパパからの連絡が途切れがちになってしまって。。。

という話。

そして気が付けば「あれ、私あのパパと別れたっけ?」みたいな状態になっちゃうという話をよく聞きます。

自然消滅が多く、パパとのお付き合いが長続きしない女の子にはどういう原因があるのでしょうか。

そこで今回は、長続きしない子の特徴をまとめてみます。

「当てはまってる!」

という人は注意してみたほうがいいかもしれません(;’∀’)

寂しがりやタイプ、いつでも会いたい、パパに恋人レベルの温度を求めてる

寂しがり屋でいつも誰かと一緒に居ないとダメな子ほど、パパ活では上手くいってないのをよく見かけます。

客観的に見てると見えてくるものがありますが、寂しがり屋な子の特徴としては、パパに対して恋人レベルの温度感、会いたいときにすぐ会えるか、これを求めて押し付けてしまってる感じがします。

「今日寂しいの、パパに会いたいな」

「今日も会えないの?」

こんなLINEをもらったら最初のうちはパパは嬉しくって無理にでも時間を作ってくれますが、これが続くとウンザリしてしまいます。

なぜならパパは忙しい人が多いからです。

最初は可愛いと思ってくれても、毎回急に「会いたい、今すぐ会いたい」なんてワガママには答えられません。

寂しいからパパ活してる、お金よりも年上の男性に甘えたい、こういうニーズでパパ活をしても上手くいかないので、寂しいからパパ活してる、という子は今一度自分が本当は何を欲しているのか考えたほうがいいです。

「寂しいから誰かにそばに居てほしい」というのであれば、支えてくれる男性や、ちゃんとした彼氏や家族を作ったほうが自分にとっての幸せにつながります(;’∀’)

なので自分が寂しさを埋めるためにパパ活してるのなら、今一度活動に対して考えてみたほうがいいです。

パパに本音を言えない、自分の本音を打ち明けられない

  • パパに本音言えますか?
  • 嫌な事はNOって言えますか?
  • 気を使いすぎていませんか?

パパ活と言えども、表面的なコミュニケーションだけでは人間関係を長く続ける事はできません。

パパと自然消滅しちゃってるパパ活女子の多くは、うわべだけの付き合いだけで、なかなか本音を言えてないみたいです。

意外に思うかもしれませんが、太パパと長く続いてる女の子は、パパの言う事を「はいはい」となんでも聞くだけじゃありません。

自分の意見は言うし、本音でぶつかって喧嘩みたいになったこともあります(汗)

でも、喧嘩したっていいんです。

ちゃんと自分の本音で付き合えるようになると、パパもこちらのことを理解してくれるので、結果として長いお付き合いができるようになります。

安定してパパ活したいと考えているなら、自分の本音をいつまでもかくして仮面をかぶっているような表面だけのパパとのお付き合いでは、そのうちパパに飽きられてしまいます。

あなたが心を開いていないのは、パパもちゃんと感じ取ってます(;´∀`)

自立しすぎて甘えられず、パパの出番なし

あとは自立した長女タイプの女の子も、パパとのお付き合いがあまりうまく行かないパターンが多いみたいです。

見ていて思うのは、なんでも自分でできてしまうので、「パパのサポートいらなくない?!」って感じなのです。。

それはパパも実感するみたいで、なんでも自分でできてしまう自立した女性よりも、頼りなくて自分が助けてあげなければ生きていけなそうな女性のほうが、サポートしてあげたくなるんです。

最初はお付き合いが順調でも、パパは常に平行して何人かの女性とお付き合いしている場合が多いです。

なので、だんだん自分よりも頼りない女の子のほうに心の比重が増えてしまって、最終的に放っておかれてしまう・・・という自然消滅なパターンが多いようです(;’∀’)

なんでもしっかり者の長女タイプの女の子は、こういう風に損しがちなのかもしれないですね(汗)

やっぱり嘘でもなんでもいいから、一人で生きていけないような頼りないような一面をパパにアピールしたほうが、結果としてはパパ活は成功すると思います。