パパ活での条件交渉について。パパから条件を聞かれた時に気を付ける事

こんにちは、りなPです(*’ω’*)

もう7月になっちゃった!

今月はパパとの海外旅行があるので、それを楽しみにブログの更新もがんばっちゃおうかな。

今日はみんなが気になる、パパとの条件交渉についてのお話をします。

パパ活サイトを使ってパパ候補と何回かデートをしてると、「どういうお付き合いをこれからするか」っていう話になるのが、一般的な流れだと思う。

その時に、自分がパパ活をしている事を相手に理解してもらえないと、パパ候補からパパへの昇格は難しいです。

条件交渉ってみんなどうやってるの?

そんな疑問にお答えしようと思います。

条件交渉はパパ候補が自分のことを気に入ってくれた時がチャンス

条件交渉のタイミングはズバリ、パパ候補とのデートで相手が自分を気に入ってくれたなと思った時です。

「○○ちゃんのこと気に入ったから定期的に会わない?」

みたいにパパ候補から言われた時が、条件交渉のタイミング

りなPの場合は、2~3回ぐらいデートをしたときに、パパ候補から言ってくれたパターンが多いかな。

できればこのタイミングの前に、それとなく「サポートしてくれる男性を探してるの~」みたいな事前アピールはしておこうね。

どういう風に条件を切り出せばいいのか、パパの目的ごとに注意点を紹介していきます。

エッチOKなパパ活の場合。パパとの条件交渉はストレートに伝えてOK

エッチOKでパパ活をしている女の子の場合、パパ候補から、

「○○ちゃんのこと気に入ったな、これから定期的にデートしてくれない?」

とパパに言われた時は、ストレートに条件を伝えるのがおススメ。

体OKのお付き合いの場合は、パパ候補も愛人を探している場合がほとんどだと思うので、双方の利益がマッチングしてる状態だから、どストレートに条件を伝えても男性側は気にしない場合が多いの。

なぜなら、

愛人を持つ事=お金が発生する

ってのは男性は事前に理解しているから。

無料でエッチしたい、なんて思ってる勘違い男性をシャットアウトするためにも、金額交渉はストレートに伝えるのがベターかな。

必ず決めておきたい条件

  • 月何回会うかのデート回数
  • 契約の支払い条件(都度支払い、月極契約)
  • 自分はいくらほしいのか
  • 既婚者の場合のけじめ方法
  • 自分に恋愛感情はない、ビジネスな付き合いであることの認識合わせ

パパ活と言いつつも、エッチOKの場合は愛人関係のようになります。

なので奥様バレしたときのリスクについて、ちゃんと確認しておいたほうがいいかな。

事前に、自分とはビジネスな関係であることを理解してもらえるかどうか、金額はどのくらいなのかをしっかり話し合って、双方納得してからお付き合いを始めるのが安心です。

この辺の交渉をちゃんとしないで、なぁなぁでパパ活しちゃうのは、エッチOKの場合は高リスクです。

エッチなしでパパ活をしているなら、条件交渉も慎重に

パパ活で特に条件交渉で慎重になる必要があるのは、エッチなしでパパ活をしている子です。

りなPもこのパターンなので、パパとの条件交渉は結構慎重にやってました。

エッチなしのパパを募集している場合は、パパ活サイトで知り合った男性も「愛人」を募集していない場合も多いので、いきなりお金の話をするのはNGなんです。

ここで慌てていきなりお金の話をしちゃうと、相手を不快にさせてしまったり、最悪相手が怒ったりすることもあるから焦りは禁物(;’∀’)

できれば2~3回のデートに分けて、自分がサポートしてくれる男性を探している事をやんわり伝えていくのがいいよ(;’∀’)

エッチなしでパパ活をしたい子は、パパへの条件提示は次のような流れでするとスムーズです。

りなPのパパ活条件交渉の流れ

ステップ1

プロフィールでは「食事相手」の年上男性などを探しているアピールが必須。

絶対に恋愛相手や彼氏募集のようなアピールはしない。

ステップ2

1回目のデートで食事をご馳走してくれて、交通費を出してくれた相手のみデートを続ける。

ステップ3

1回目のデートで、パパ候補がなぜサイトで出会いを求めているのか、しっかりヒアリング。

(ここで恋人探しをしているとか真剣な恋愛をしている、とかならそれとなくフェードアウトしたほうがいいかな)

ステップ4

自分が将来や学業のために、サポートしてくれてる相手を探している事を匂わせる。

(はっきりお金が欲しい、というようなお金の話はしない)

ステップ5

それでも2回目のデートに誘ってきた相手はパパ候補として脈あり。

相談、という形で自分が困っている事など話してみる。

ステップ6

3回目のデートに誘われたら、2回目のデートで相談した内容を具体的に話してみて、ここで条件の話をする。

ポイントは3回目のデート

ダラダラと長くデートをしても脈なし相手に時間をつかうのはどうかと思うので、りなの場合は3回目のデートで困っている事、サポートしてほしいことを言います。

1回目2回目のデートでもその雰囲気は匂わせているので、それでNGという男性はまず3回もデートは続きません。

3回デートしてくれる男性の場合は、多少なりともサポートOKしてくれる人が多いので、まずは段階を踏んでゆっくり交渉しつつも、3回という期限を決めて条件交渉するのがりなP的にはおススメです。

あんまり慎重になりすぎて何十回もデートしてもまだお金の話ができない。。。

なんてことが無いように、期限回数を決めるのが一番のコツかな(;’∀’)