パパ活サイトのプロフィールでやりがちな失敗。お金持ちパパに好かれるプロフィールって?

こんにちは!りなPです。

今日は初心者のパパ活女子のために、より具体的なプロフィールを書くときの注意について説明したいと思います。

パパ活サイトを使ってパパを探す時、前にも書いた通りプロフィール写真はとっても大事。

でも写真のイメージだけじゃなくて、プロフィールの文章からも自分のキャラクターをイメージできるような書き方をしてないと、パパにはアプローチしてもらえません(;´∀`)

文字だけのプロフィール、どうやって書けばお金持ちパパに気に入ってもらえるの?

プロフィールで知性と品をアピール。お金持ちパパは知性ある女性が好き

お金もちな男性って、女性に求めてることが結構高かったりします(;´∀`)

外見的な美人さや、女の子らしい愛嬌はもちろんのこと、多少なりとも知性とかも求められたりします。

でも、基本的にパパ活サイトに登録している女の子は、プロフィールを読むと結構ちゃらちゃらしてたりお馬鹿っぽかったり。。。

だからこそ、このプロフィール。

ちょっと知性の香りがあるような書き方をすると、

「あれ…この子ちょっとほかの女の子と違うな」

と男性は感じてくれるんです。

基本的にパパ活でターゲットにしたいパパは、仕事で成功しているお金に余裕がある男性です。

こういう男性は、あえておバカな女の子と遊びたいと考えてる場合もあるけど、多少なりとも会話についてきてくれるような女の子のほうが好みだったりします。

なのでパパ活のプロフィールは、ちょっと知性や品があるような、ほかの女の子とは違う毛色で書いてみると、セレブなパパを引き寄せる率が高くなります。

じゃぁ知性あるアピールって?

こういう趣味とか書いてみると良いと思います。

良い例

  • 茶道をしています、着物を自分で着られるのが自慢です
  • 趣味は乗馬です。○歳からやっています。
  • 英語の勉強をしています、海外留学するのが夢です。
  • 企業で○○の仕事をしています、夢は資格を取って独立することです。
  • ○○という資格の勉強中です。
  • 芸術鑑賞でよくバレエを見に行くのが好きです

基本的に、

  • 知性アピール:○○の勉強してます、資格もってます系
  • 品アピール:芸術、習い事など、ちょいセレブな趣味系

この辺がお金持ちパパの心に刺さりやすいかな。

りなの場合は、茶道とお着物についてプロフに書いてました。

そんなアピールできることない!資格なんてないよ!って子は、

  • いま乗馬に興味をもっています。やってみたいなと思ってます。
  • ○○の資格の勉強をしようと思っています

みたいな未来系で書いてもOK。

セレブな男性とお付き合いしたいなら、そういう人が好みそうな趣味とかをプロフィールに書いてみるのがいいね。

  • 乗馬
  • ゴルフ
  • 茶道、華道
  • 音楽鑑賞
  • オペラ鑑賞
  • 海外旅行

などなど、セレブな男性がすきそうな趣味はいろいろあるので、こういう事に自分でもアンテナを張っておきましょう。

パパ活プロフィールの良くある失敗

逆にパパ活のプロフィールで、あまり書かなくていい事もあったりします。

こういう事を書いちゃうと失敗しちゃうので気を付けたほうがいいかな。。。

駄目な例

  • どんな男性も大歓迎です。気軽に連絡ください。
  • お金に困っててサポートしてくれる人大募集。
  • パパ活中です。パパ候補者さん連絡ください。
  • 趣味はパチンコです。

お金に困ってる系や、パパ活やってます系は、ズバリ余裕のない事がプロフィールからにじみでてしまうんだよね。

だから、足元を見てくるような男性を引き寄せてしまうのです。。。

こういうプロフィールを書いている場合、男性から見れば「この子お金出せばなんでもしてくれそうだな」って思わせてしまうの。

つまり自分を安く見せてしまうってこと。

パパ活では価値の高い女性のほうがモテます。

だから自分の価値を低くするようなことは絶対にプロフィールに書いちゃいけません!(`・ω・´)

また、パチンコ、ギャンブル系の趣味は、たとえ本当にパチンコ好きだとしてもあえて書かないほうがベター。

なぜなら、パチンコを好む男性にお金持ちは居ないから。

良くニュースでもやってるよね。

生活保護を受けてるのにパチンコに行ってしまう人が多いって。

パチンコのようなギャンブルは、貧乏な人ほど好みやすい趣味なのです。

だからギャンブル好きをアピールしちゃうと、貧乏なオーラの男性からのアピールしか来ないから、パパ活でセレブ男性とお付き合いしたいのであれば、ギャンブルの趣味はあえて言わないほうが良いかな。

どうかな?

みんなもプロフィールを書くときに是非参考にしてみてね(*’ω’*)